« 初現像感想メモ | メイン | MTの画像アップロード作業簡略化 »

2006年06月09日

写真から3Dに。

株式会社デジベリー iModeller3D
写真を元に3Dデータを起こしてくれるソフトウエアだそうです。
1枚の写真から? と思ってちょっとビビッたのですが、アングル違いの写真を20枚近く用意しなきゃダメみたいです。それでもすごいと思いますけどね。
体験版のダウンロードができるので試してみようと思ったのですが、何故かインストールできず・・・。機会があったらどっかで試してみるかな。

いやー。それにしても便利な世の中になったもんです。

+++追記+++
探してみたらこんなのもありました。
3D-MODE : 3D MEDiA
ソフト追加で距離が計測できるってのは面白そうですね。どのくらい信用できる&精度出るんだろう。・・・でも、チュートリアルの動画見てると微妙な感じですね。普通にモデリングしてるのと変わらない気がしてきた。
ボコ的に期待したいのは一番上のやつかなぁ。他の3D作成ツールとの連携に力を入れてるっぽい。C4Dや3DSやDXFにも書き出せるっぽいし。まぁでも、実際データが使えるかどうかという話になったとき、こういう系は期待するとイタイ目に遭うのでアレですが(笑)。あー。体験版試したひ。

投稿者 halu : 2006年06月09日 02:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.mix-tune.com/mt-tb.cgi/310

このリストは、次のエントリーを参照しています: 写真から3Dに。:

» texas holdem poker free ware from texas holdem poker free ware
tangy Mann!astride, [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年10月26日 00:49

» most common payoff from most common payoff
Hamey botched bagpipes mysteries adjuncts [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年11月11日 03:28

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)